ebookjapanアプリの利用方法とは?詳しく解説してみた。

ebookjapanのアプリで読書してみよう

ebookjapanは電子書籍を読むための専用のアプリ(ブックリーダー)が用意されています。しかし実はこの専用アプリを使わなくてもブラウザ楽読みサービスというものが出来ています。

 

 

インターネットができる状況ならばブックリーダーアプリを使わなくても、漫画などがそのまま読書できるのでアプリのダウンロードなどが面倒!と思っている人はこのブラウザ楽読みサービスを利用するといいでしょう。

 

 

漫画など書籍を購入したらそのままその場で読めるという機能ですね。ただしブラウザ読みについてはメリットだけではなく電子書籍を読むシーンによってデメリットがあります。

 

 

もちろんブックリーダーのアプリをお使いの端末にインストールしてから読むことだってOK。そこで今回は実際にイーブックジャパンのアプリについて解説してみました。

 

 

基本的な操作などになりますが、興味がありましたらご覧になってください。
※ココではアンドロイド端末の基本的な操作方法の解説となります。またアプリのバージョンが変わっていて最新の画面ではない場合もあります。ご了承ください。

 

スマホにebiReaderをインストールする

まず先に公式サイトで会員登録を済ませておきます。
続いて専用アプリ「ebiReader」をインストールしましょう。ebiReaderはApp storeかGoogle Playからダウンロードできます。

 

 

App storeかGoogle Playで「ebiReader」と検索しても良いですが、公式サイトにある「ご利用案内」からアクセスすることも可能です。またこちらにリンクをつけておきましたので、アクセスしてダウンロードしてみてください。

 

 

google playからダウンロード(Android版)

 

 

app storeからダウンロード(iPhone版)

 

 

ebiReaderがインストールされていて、購入した電子書籍のダウンロードも完了していれば、インターネットに接続していなくても読書ができるようになります。

 

 

ebiReaderは親切な読書用アプリですので、はじめにチュートリアルで操作方法を教えてくれます。画像つきで解説してくれているため電子書籍初心者の人でも安心です。

 

 

ではまずはログインからはじめましょう。ebiReaderには同梱作品がありますので、この時点で3冊の本が並んでいます。

 

 

この画像はebookjapanにログインしていない状態です。「ログインして下さい」をタップしても良いですし、メニューの中にある「設定」からログインをしても大丈夫です。

 

 

今回は設定からログインしていきます。設定は画面右上にあるボタン(下の画面で赤く囲っている部分)をタップすると設定画面を開けることができます。

 

 

 

 

 

 

検索の下の「設定」をタップし、設定画面に切り替え。切り替えると5つの項目がありますので「会員情報」をタップします。会員情報をタップした後はebookjapanに登録してあるメールアドレスとパスワードを入力して「確認」をタップしましょう。

 

 

まだ会員登録が完了していない場合は「今すぐ登録」をタップします。

 

 

メールアドレスとパスワードに間違いがなければ、「ログイン設定が確認できました。」と表示されるので「OK」をタップして下さい。またココでデバイス登録もしておき、これで会員情報の登録が完了しました。

 

 

設定に項目が増え、その他の機能も使えるようになっています。
メンテナンス情報なども確認できますので設定画面にはお世話になることが多いでしょう。

 

 

ebiReaderに書籍をダウンロードする

では早速読んでいきましょう。まずは読みたい書籍をタップしてみてください。
同梱作品はタップすればすぐに書籍を読めますが、公式サイトで購入した書籍を読む場合は、まず一旦書籍データーをダウンロードしなくては読めません。

 

 

例えば画面左上にある「ebookjapan」のアイコンをタップするとサイドメニューが出てきます。
購入してダウンロードしていない作品については少し下にスクロールすると「最新購入書籍」という欄がありますので、そこをタップしてみましょう。

 

 

 

 

すると最新購入書籍の一覧画面になります。読みたい書籍をタップすると「キャンセル」「ダウンロード」「読書しながらダウンロード」の3項目が出てきます。
ダウンロードするかダウンロードしながら本を読むか決めましょう。

 

 

ちなみにダウンロードが完了すると書籍情報欄の右にある雲マークが消えます。
雲マークがついている状態はダウンロードができていない状態ですので、もし読むときは先に端末にダウンロードを忘れずに。

 

 

ダウンロードをするとオフライン状態でも書籍を読むことができます。では書籍をアプリで読んでいきましょう。

 

ebiReaderで書籍を読む方法

書籍の読み進め方ですが、基本的な操作としては画面の左右をタップするとページをめくることができ、画面の中央をタップすると読書メニューが開けます。読書メニューからはいろいろな設定や操作が行えますので、この3つだけはしっかりと覚えておきましょう。

 

自分なりのお気に入りの操作方法などに設定できるので、カスタマイズしたい時は読書メニューから各種設定をすることをお勧めします。設定なども難しいことありません。ちなみに左から右にスワイプしたりする方法でもページめくりが可能となっています。

 

 

読書メニューについて紹介

 

 

 

読書メニューを開けると様々なアイコンが表示されます。一見「難しそう」と思ってしまうのですが全然難しくありません。いろいろといじってみて読書環境を自分好みに快適にしてみるのもアリです。

 

 

?マーク ヘルプに移動できます。ebiReaderの使い方が見れますので、操作方法に悩んでしまった時はチェック。
歯車(上部) 設定画面が開きます。読書に関する設定や本棚に関する設定、その他機能の設定が行え細かく設定したい時はココから。
本棚アイコン 本棚に戻ります。ワンタップで戻れるので間違えて本を開いてしまった時などに便利です。
買い物カゴ 電子書籍販売サイトにアクセスすることができます。続きなどをすぐ購入したくなった時に便利です。
漫画タイトル右の+マーク タップすればしおりを挟めますので、途中で読書をやめたい時にはしおりを挟んでおけばOK。
漫画タイトル左の終了アイコン 読書の終了画面に移動。読了マークをつけたり最初から読み直しをしたり、本棚に戻ったりする項目が表示されます。
←→のアイコン ページ移動ができ、表紙、目次、本文、奥付、というふうにページが移動できます。一気に進みたい時や戻りたい時などに活用できます。
Aaのアイコン 表示モードの変更。単ページと4倍、どちらかのモードを選ぶことができます。単ページの場合は画面いっぱいに1ページを表示し、4倍は1ページを4分割して表示。4倍モードはスクロール方法を2パターンから選択可能です。
しおりのアイコン しおりを挟むかどうかと、しおりを挟んだページにジャンプする操作を行えます。
右下の歯車アイコン 読書設定で自動送りと回転防止ロックの2つを設定可能。自動送りオンで右下の再生ボタンの色が変化し、自動送りがされます。止めたい場合はオフにする、もしくは再生ボタンをタップすると止まります。
左下にある矢印 リンク元ページに戻るアイコン
中央下の棒 ページスライダーというもので、使えば素早くページ移動できます。横にある再生ボタンで自動ページ送りが簡単に設定できます。もしくはご自身で好きなページへ移動したりもできます。タップしたりして試してみてください。

 

このように読書メニューは豊富に用意されています。しかし普通に読むだけではほとんど使わない機能ばかりですので、あまり覚えなくてもいいと思います。ページをめくる、戻る、書籍をダウンロードするぐらいの操作ができれば誰でもすぐに書籍が読めますので、気軽にアプリを使ってみましょう。